お問い合わせ

  1. ホーム
  2. 公式ブログ
  3. カンボジア情報
  4. 春休み・夏休みの大学生はカンボジアに行こう!人生を変える旅をオススメする理由

春休み・夏休みの大学生はカンボジアに行こう!人生を変える旅をオススメする理由

旅はよく「人を変える」といいます。多種多様な人々や文化に触れる体験は
貴重なものになるでしょう。しかもそれが学生のうちなら、なおさらです。
大学生のうちに行っておくべき旅先としておすすめなのが、「カンボジア」です。
今回は、その理由についてご紹介していきます!

大学生のうちに旅に出るメリット

外国に旅行をするには、まとまった時間が必要です。社会人になって仕事に就いたり、
家族を持ったりすれば、時間をとることが難しくなり、機会を失ってしまうことでしょう。
なので、比較的自由に時間が使える学生のうちに旅に出るべきなのです。
若いうちにした体験は、その人の「世界観」の形成につながります。
自分自身を成長させるための最善策のひとつが、旅に出ることだと言えるでしょう。

もうひとつのメリットは、旅に出ることによって異文化を体験できることです。
特にカンボジアなどの途上国では、日本の常識は通用しません。
こうした体験を通じて、人種や文化や慣習の多様性に触れることができますし、そのことは
私たちの視野を広げてくれるとともに、日本を客観的に見る視点を与えてくれるでしょう。
百聞は一見に如かずなので、あれこれ考えずに行ってみることをおすすめします。

(出典:「カンボジアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧」より引用)
https://tabippo.net/category/zekkei_sekaiisan/kaigai_sekaiisan/asia/to-nan_asia_sekaiisan/cambodia/

カンボジアが良い理由

アンコールワットを始めとする遺跡が盛りだくさん!

カンボジアといえば、世界遺産のアンコールワットで有名です。
アンコールワットのシルエットを浮かび上がらせながら昇ってくる朝日に、
心を奪われることでしょう。「天空の城ラピュタ」のモデルと言われている
神秘的な雰囲気の遺跡もありますよ(ベンメリア遺跡)。

アンコールワット観光情報はこちら

日本からのアクセスが比較的簡単!

カンボジアで一番大きな国際空港はプノンペン空港です。
直行便は、成田空港からのみ出ています。ほかの空港からでも、
乗り継ぎ一回で行くことができます。

カンボジア行き航空情報はこちら

親日国だから気持ちよく過ごせる!

日本がODAで援助していることもあって、日本人に対するカンボジア人の
印象は良いようです。カンボジアの人々の穏やかで親切な国民性もあって
東南アジアの国々でありがちな執拗な客引きがあまり見られず、
日本人旅行者にとっては過ごしやすい国です。

英語が通じる!

現地の人々と交流したくても、言語が分からないと限界がありますよね。
カンボジアはクメール語ですが、プノンペンやシェムリアップのような観光客の多い都市なら
英語も通じます。カンボジアでは多くの人が英語を話すので、比較的コミュニケーションが
取りやすいのです。

日本にはない珍しい乗り物に乗れる!

カンボジアでは、トゥクトゥクや自転車を改造したシクロという乗り物が街を走っています。
そんな乗り物に乗れば、移動時間も楽しめますね。

トゥクトゥク利用情報はこちら

ダークツーリズムの概念も大切

今日のカンボジアの発展の影には、暗い歴史があります。それをみてとれる代表的な観光地が、
カンボジアの首都プノンペンにある、かつてポル・ポトによる大虐殺の舞台となった
「キリングフィールド」と「トゥールスレーン虐殺博物館」です。
教科書や本で知っていても、自分の目や肌で感じることはとても重要なことです。
実際に足を運んで、こうした負の歴史に触れることに意味があるのではないでしょうか?

Yuta孤児院へ是非!

カンボジアではかつてのポルポト政権の影響から現在も教育や貧困などの
社会問題が多く残っています。そのためこういった社会問題を解決すべく、
世界中からカンボジアに支援が集まっています。この機会にYuta孤児院を訪れて、
こうしたカンボジアの現状に触れてみるのもいいでしょう。観光で行くのとは違った
その国の姿が見えることでしょう。

カバー写真の出典:
「カンボジアの3大絶景! 視点を変えたらもっとすごかった」より引用
https://www.skygate.co.jp/sa_city/oversea/kh_superbview_fe